血圧計は上腕部で測定するタイプを選びましょう

自宅で血圧を測定する場合には、血圧計が必要になります。毎日続けていくものですから、自分に合った製品を見つけて快適に使っていきましょう。

上腕部で測定するタイプが基本です

さまざまなバリエーションのものが販売されており、測定する部位も多種多様ですが、もっとも正確に測れる場所がこれになります。ほとんどの場合医師からもオススメされますので、まずはこのタイプを買うようにしましょう。

しかし、手首や指で測るものは、精度で劣っていても携帯性という面でメリットがあります。たびたび出張がありどうしても外出先で測らなければならないという方は、1つ持っておくと安心かもしれません。

上腕部で測定する製品には、さらに2つのタイプがあります。測定のクオリティにはあまり大差がないため、下記のような利便性やコストパフォーマンスから選びましょう。

1)カフタイプ
手首に帯を巻きつけるものです。帯はたためるため場所を取らず、またリーズナブルなものが多いですが、腕に巻く作業は少し面倒です。また、帯がマジックテープで巻くものの場合、耐久性が少し低いという弱点もあります。

2)アームインタイプ
機械本体に腕を通すものです。ボタンを押すだけで簡単に検査できますが、保管に場所を取り、価格も少し高めです。

買う前にチェックしておきたいパラメータと機能

測定器にはほとんど必ず「可能な腕周囲」という値が記載されています。極端に痩せている方や肥満の方の場合、正しく測定できない可能性があります。あらかじめ自分の腕のサイズを測っておき、対応できる機器かをチェックしましょう。

履歴を保存してくれたり、パソコンにデータを転送できたりするものもあります。自分の好みにマッチしたものを選ぶと良いでしょう。

血圧計にはさまざまな商品がありますが、基本的には上腕部で測定するタイプをチョイスしましょう。最近では使いやすくするためのさまざまな機能が付いていますので、それらも加味して吟味すれば、自分にマッチした商品をゲットできるはずです。